オンラインカジノ 歴史

ライブバカラ

オンラインカジノの歴史は意外と浅く、比較的新しい分野といっていいでしょう。

いまではネットの光回線は当たり前ですし、スマホの保有率も全体で85%を越える程になっています。

オンラインカジノの歴史とスマホの進化は切っても切れない関係かもしれません。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは1994年に当時イギリス連邦加盟国のアンティグアがオンラインカジノ運営者に正式なライセンスを与えたのが始まりとされています。

アンティグア・バーブーダ(Antigua and Barbuda)はカリブ海東部の小アンティル諸島に位置するアンティグア島とバーブーダ島、レドンダ島からなり。国名は2つの島の名前を合わせたものです。
イギリス連邦加盟国であり、英連邦国家の一国となります。

アンティグア・バーブーダは、現在も多くのオンラインカジノ運営者がライセンスを取得している人気国となっております。

1996年にはマクロゲーミング社やクリプトロジック、ボスメディアなどソフトウェア会社がオンラインカジノを展開しています。

そして1998年にはプログレッシブジャックポットと呼ばれる1,000万~数億円も狙えるゲームが誕生します。

1999年にはマルチプレイヤーテーブルなど、他のプレイヤーと一緒にプレイできるテーブルも出現しております。

そして2000年に入るとネット環境が整ってきたこともあり、カジノゲームのライブ中継が導入されました。
オンラインカジノ自体が違法ではないことについては当サイトのこちらの記事を参照
ベラジョンカジノの信頼性については当サイトのこちらの記事を参照

日本でのオンラインカジノ事情は

日本でもネット回線がISDNからフレッツ光に変わっていきました。

そしてこれまでPCにゲームソフトをダウンロードして遊ぶ形式だったものが、
2010年頃からはiPhoneなどのスマホの登場でダウンロード不要のブラウザ型のカジノゲームが誕生します。

スマホの進化はオンラインカジノの進化と相まって利用者を拡大していきます。

特に海外ではスマホの普及と相まってオンラインカジノが大人気となっており、リアルカジノの売り上げを上回るほどになっているそうです。

日本でも2010年頃からオンラインカジノが日本語対応サービスを開始したこともあり、一部の日本人ユーザーがプレイするようになりました。

その後2012年3月に日本人プレイヤーがオンラインカジノで高額の憶越えジャックポットを獲得したことで週刊新潮に掲載されました。

2012年といえばiPhone5が発表され、人気スマホゲームのパズドラが発表されたこともありスマホ人口が急増した年でした。

スマホユーザーの増加とともにブラウザ型のオンラインカジノの普及も進んできています。
ベラジョン スロット スマホ PENGUIN CITYで一撃で200倍に!

まとめ

オンラインカジノは1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアではじめてライセンスが発行されました。

その後、1996年にはマクロゲーミング社やクリプトロジック、ボスメディアなどソフトウェア会社が参入。

日本でも2010年頃からiPhoneなどのスマホユーザーの増加とオンラインカジノの日本語対応がなされたことで認知されるようになっています。

今後はソーシャルゲームに課金するなら。上手くいけば大金をゲットできるオンラインカジノに移行する人が増えるのではないかと予想しています。

日本語対応のベラジョンカジノの登録方法はこちら

ベラジョンの登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です