オンラインカジノの運営ライセンスの制度

ベラジョンライセンス

海外では利用者が増加しているオンラインカジノですが、日本ではまだメジャーではありません。

それゆえ違法ではないか?本当に大丈夫なのか?
心配される方も多いと思います。

でも海外で流行っているということは安心できるサービスなのではないでしょうか。

安心できる理由のひとつとしてライセンス制度があります。

オンラインカジノの運営ライセンスの制度

オンラインカジノの運営にはライセンスが必要になります。
そしてライセンス取得後も監査機関の継続的なチェックを受けることになります。

オンラインカジノの運営ライセンスが導入された経緯

現在オンラインカジノの運営にはライセンスが必要です。

ライセンス制度が導入される以前は不正が横行していました。

入金しても遊べない
大金をつぎ込んでも全く勝てない
勝っても出金することができない

などのトラブルが多発したことがあったといいます。

そこで政府がカジノの健全化のためにライセンスを発行するようになりました。

ライセンスの発行には厳しい審査があり、審査期間は半年間にも及び簡単に取得することはできません。

そして、ライセンス発効後も定期的に監査があり、安全性が担保されているわけです。

ただし、全てのライセンスが厳しい審査をしているわけではありません。

ライセンスを発行している国は20か国以上もあるといわれています。
ライセンスを発行する機関によって所得難易度にはバラつきがあります。

オンラインカジノの運営ライセンス取得難易度

ライセンスは発行する機関によって取得難易度は異なります。

ライセンスを発行している国や政府は、全てが同じ基準でライセンスを発行しているわけではないんです。

複数あるライセンス発行期間の中でも最高レベルの取得難易度を誇るのがこちらになります。

  • イギリス(UK) 
  • マルタ共和国(オランダ領)
  • マン島
  • ジブラルタル
  • キュラソー島
  • オルダニー島
  • アイスランド

こちらは取得難易度の高さは王手企業や上場企業でも取得が難しいといわれており、安心してお金を入金して遊ぶことができるライセンスになります。

上記の他にも取得できるライセンスは複数あります。

  • カナワケ(カナダ) 
  • フィリピン
  • オーストラリア北方領
  • カナダ モホーク政府
  • ドミニカ
  • アンティグア(イギリス連邦加盟国)

こちらは難易度でいえば最初にご紹介したイギリスやマルタ共和国ほど厳しくはありませんが基本的には問題なく利用することができます。

上記以外のライセンスで、特に中南米系のライセンスなどは信用性に欠ける場合があります。
全てが信用できないというわけではありませんが、あえて信用性が低い所を利用することはないと思います。

世界20ヶ国以上で発行されているオンラインカジノのライセンスですが、発行している国によってそれぞれの思惑があり、審査の条件も同じではないようです。

オンラインカジノ運営者は取得難易度が高いライセンスを取得することで安全性のアピールができることから信頼性の高いライセンスを取得するカジノが増えてきています。

オンラインカジノの監査機関について

ライセンスを取得していないオンラインカジノは論外として、ライセンスを取得したらずっと安心というわけではありません。

ライセンスを取得するときだけまじめにやって、取得できたら不適切な運営をしていたのでは意味がありませんよね。

そこでオンラインカジノの運営を監視する機関が存在しているんです。

監視する期間は独立した第三者機関であり。特に信頼性が高い第三者機関として有名な2社をご紹介しましょう。

eCOGRA(イーコグラ)

最も信頼性の高い調査機関として知られるのはeCOGRA(イーコグラ)になります。

イーコグラとは2003年に設立されたオンラインのギャンブル産業に関する非営利団体の独立監査法人になります。

オンラインカジノの運営会社とプレーヤーのトラブルが起きた際、プレーヤーを保護する目的で創設された団体です。

公平公正な立場でオンラインカジノに関する基準を設け、審査を行っております。

審査項目は多岐にわたり、一l発で審査に合格する会社は存在しないといわれているほどです。

調査は定期的に行われ、基準を満たしていないことがわかると認定を取り消されてしまいます。

これだけ厳しい調査機関のチェックを通っているオンラインカジノですから安全性は折り紙付きということではないでしょうか。

通常問題が起こることはありませんが、万が一にもオンラインカジノでトラブルが発生した場合にはeCOGRA(イーコグラ)が相談窓口になってくれますからオンラインカジノをプレイするかたは覚えておいたほうがよいでしょう。

TST(Techinial Systems Testing)

TSTはオンラインカジノの核をなすゲーミングソフトウェアの公平性をチェックする監査機関になります。

不正なプログラムが入っていないかを調査している機関になります。

オンラインカジノにゲームを提供しているソフトウェア会社が不正をしていないか目を光らせているわけです。

まとめ

オンラインカジノは日本人には馴染みがないかもしれませんが海外ではプレイ人口が急増しています。

それに伴って不正が行われないよう国や政府がライセンスを与えたり、第三者機関が公平公正な立場で調査を行い、安全性が担保されているのです。

オンラインカジノでプレイする際はライセンスの確認は必ず行うことをおすすめします。
信頼性の高い安全なライセンスを取得したオンラインカジノであれば安心してプレイすることができるでしょう。

ついに登場!!スマホで出来るオンラインカジノ『ベラジョンカジノ』!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です